事業資金の調達方法についての情報を紹介しているサイト

プロジェクトを公開して資金を募る

クラウドファンディングで賛同者を募る

近年さまざまな目的で利用する人が増えているクラウドファンディングですが、事業資金の調達先として利用しているケースもあります。
誰でも自分の事業や目的をアピールすることができ、それに賛同した人から資金やさまざまな援助を受けることができます。

とても多くの利用者がいるので、何らかの抜きんでた魅力がプロジェクトにあったり、公共性や社会貢献性のあるものが一般的に賛同を得やすいです。
そして、賛同者から支援を受けることができたら、何らかの報告や還元をする必要が場合によってはあるので、仮に成功しても事後処理が比較的大変であるという面もあることを覚えておきましょう。
参入者数や似たプロジェクトが既にある場合は競争はなかなか難しいかもしれません。

企業コンペで支援を獲得する

情報が戦力になる社会において、新しいビジネスアイデアはそのアイデア自体に価値があります。
挑戦できる人は限られますが、企業コンペなどで自分の事業プランを発表して入賞すれば資金を得ることができるという場合があります。

入賞によって資金援助が受けられる場合ばかりでなく、場合によっては継続した経営提携を受けることになったり資金以外の支援を受けることに繋がることもあります。
人脈形成のために参加するという人もいるので、場合によっては資金で得られない財産を獲得できる機会でもあります。

今では事業資金を調達するにはさまざまな方法がありますが、返済の必要性の有無や自分の事業計画などを見つめなおして1番状況に合った方法を選択する必要があります。


Shear!

B!