事業資金の調達方法についての情報を紹介しているサイト

銀行や消費者金融からの融資

銀行から融資を受ける

事業に必要な資金を調達するために、銀行から融資を受けるという選択肢があります。
しかしこちらは日本政策金融公庫などと比べて融資審査が厳しめであることが多いので、それらのハードルを越えられる可能性が薄いのであれば時間ももったいないですし別の方法を考えた方が良いでしょう。

これは銀行融資に限ったことではありませんが、銀行から借り入れるのに1番見られるところは返済能力の有無です。
つまり、じり貧の状態や経営実績の無いもしくは経営不振などで事業資金がほとんどないような状態では借り入れまで漕ぎつけることはなかなか難しいでしょう。
返済能力を信用性と見られており、ある程度の経営実績のある企業という前提での申請が主なものであると考えた方が良いでしょう。

消費者金融の利用は計画性を持って

消費者金融という言葉は聞いたことのある人も多く、安全性において心許ない印象を持っている人が多いのも事実でしょう。
しかし利用の仕方や状況によっては、計画的に利用し返済できるのであれば問題ありません。
返済計画が立てられているかどうかは消費者金融を利用するかどうかに限らず必要なことですが、銀行融資や公的機関の融資に比べ審査が易しいという嬉しくも危険な面を持っています。

事業が困窮している時でも比較的借り入れしやすいというメリットがあるので、いち早く資金が欲しいという場合には利用を検討しても良いですが、返済における金利が高いので実質損になることも多く、借り入れする場合は慎重になるべきでしょう。
あくまで一時しのぎで且つすぐに返済できる目途のある場合の利用と覚えておきましょう。


Shear!

B!